• グッズ

  • フィギュア/プラモデル(プラモ)

  • カード

  • ゲーム

  • DVD/Blu-ray

  • CD

  • コスプレ

  • スマホ/PC関係

  • チケット

  • オーダーメイド

  • レディースファッション

  • メンズファッション

  • コスメ

  • 日用品/雑貨

  • ベビー/キッズ

  • その他

メインビジュアル

アニメのフリマ オタマート

アニメ・漫画・ゲーム・コスプレ・同人誌などのグッズ売買・通販に最適!アニメのフリマ オタマート オタクグッズをオークションより簡単・安心にスマホで出品/購入できます!

App StoreGoogle Play
スクリーンショット

急上昇ワード

おすすめ作品・おそ松さん

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画の『おそ松くん』を原作としたTVアニメ。 現代を舞台に大人になったニートの六つ子がギャグを繰り広げる作品となっている。作中にはブラックジョークやパロディがふんだんに盛り込まれており、独自の世界観を醸し出している。キャラクター同士の絡みが話題を呼び、女性ファンの間で一大ブームメントを巻き起こした。アニメ最終回後、番組終了を惜しむ「松ロス」という言葉がネット上で現れるほど、おそ松旋風は凄まじいものとなった。 アニメ放送が終了して1年以上経過しているにも関わらず、グッズ商品の人気振りも今だ衰えを見せない。LINEスタンプやフェス松などのイベントも大好評。2017年に一夜限りの特番『おそ松さん おうまでこばなし』も放送される。

おそ松さんの商品をもっと見る

おすすめ作品・ラブライブ! サンシャイン!!

『ラブライブ!サンシャイン!!』は学校で結成された架空のアイドルグループの奮闘と成長を描く日本のメディアミックス作品群。『ラブライブ!』の一作品。架空のスクールアイドルグループ「Aqours(アクア)」の9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる物語 。前作に当たる『ラブライブ!』とは世界観は同じであるものの、舞台は静岡県は沼津にある浦の星女学院となっており、主要キャラクターも新規にデザイン、キャストも刷新されている。メディアミックスとしての路線は基本的に変わらず、漫画や短編小説などを「電撃G'sマガジン」にて企画進行&連載中。2016年7月から9月までテレビアニメ全13話が放送された。2017年秋頃にはテレビアニメ2期が放送予定である。声優は、高海 千歌(声 - 伊波杏樹)、桜内 梨子(声 - 逢田梨香子)、松浦 果南(声 - 諏訪ななか)、黒澤 ダイヤ(声 - 小宮有紗)、渡辺 曜(声 - 斉藤朱夏)、津島 善子(声 - 小林愛香)、国木田 花丸(声 - 高槻かなこ)、小原 鞠莉(声 - 鈴木愛奈)、黒澤 ルビィ(声 - 降幡愛)が演じている。アクキー、ラバスト、缶バッジ、ぬいぐるみなどのグッズも多数販売している。公式サイトhttp://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/公式ツイッターhttps://twitter.com/LoveLive_staff?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.lovelive-anime.jp%2Furanohoshi%2F

ラブライブ! サンシャイン!!の商品をもっと見る

おすすめ作品・アイドルマスター SideM

アイドルマスター SideMの商品をもっと見る

おすすめ作品・血界戦線

『血界戦線』(けっかいせんせん、Blood Blockade Battlefront)は、内藤泰弘による日本の漫画作品。作者によるコンセプトは「技名を叫んでから殴る漫画」である。『ジャンプスクエア』(集英社)2008年6月号に読み切り漫画がセンターカラーで掲載。後に2009年2月号から『血界戦線 -魔封街結社-』(けっかいせんせん まふうがいけっしゃ)と改題されて連載を開始し、4月号で終了した。同年10月に『ジャンプSQ.M』(集英社)vol.002にて再度読み切りが掲載され、『ジャンプSQ.19』(集英社)2010年創刊号から2015年Vol.18まで連載。『SQ.19』の休刊後は『ジャンプSQ.CROWN』(集英社)に掲載誌を移し、『血界戦線 Back 2 Back』(けっかいせんせん バック・トゥ・バック)のタイトルで2015年SUMMER号から連載中。2015年にはテレビアニメ化され、同年4月より6月まで第11話までが、10月に第12話が放送された。2017年には第2シリーズが放送開始予定。かつて紐育と呼ばれた街、『ヘルサレムズ・ロット』。一夜にして構築されたその街は、現世と超常の異世界が交わる魔都と化していた。様々な陰謀が渦巻く街で、世界のパワーバランスを守り、異世界からの浸食を防ぐため暗躍する、秘密結社『ライブラ』。この物語は『ライブラ』構成員の奮闘と日常、そして『ヘルサレムズ・ロット』の異常な日常を群像劇的に描くものである。声優は、レオナルド・ウォッチ(声 - 阪口大助 / 逢坂良太)、クラウス・V(フォン)・ラインヘルツ(声 - 小山力也 / 新垣樽助)、ザップ・レンフロ(声 - 中井和哉 / 細谷佳正)、チェイン・皇(声 - 小林ゆう / 吉田聖子)、スティーブン・A・スターフェイズ(声 - 宮本充 / 浜田賢二)、ギルベルト・F・アルトシュタイン(声 - 銀河万丈 / ふくまつ進紗)、K・K(声 - 折笠愛)、ドグ・ハマー(声 - 宮野真守)、デルドロ・ブローディ(声 - 藤原啓治)、ツェッド・オブライエン(声 - 緑川光)、音速猿 / ソニック(声 - 内田雄馬)が演じている。アクキー、ラバストなどグッズも多数発売している。アニメ公式サイトhttp://kekkaisensen.com/

血界戦線の商品をもっと見る

おすすめ作品・銀魂

『銀魂』とは、週刊少年ジャンプ連載中の空知英秋による漫画。主に主人公の万事屋、坂田銀時(CV: 杉田智和)、新八(CV: 阪口大助)、神楽(CV: 釘宮理恵)で江戸のかぶき町を舞台に繰り広げれ、下ネタ・ピー音・社会自虐ネタ等が大いに盛り込まれたギャグ漫画である。しかし中には人情話やシリアスな回もあり、作品に魅かれるポイントは満載。真選組の”土方十四郎”や”沖田総悟”、攘夷志士の”桂小太郎”、”高杉晋助”など、キャラクターのほとんどが歴史上の人物がモデルとなっている。TVアニメは2006年から放送開始。劇場版の完結篇も含め2013年に一度終了、したかに思えたがこれは終わる終わる詐欺。2015年から『銀魂゜』が始まるとして、銀時自ら謝罪会見が行われ、さらに4期の制作が発表された。 ファンは嬉しい限り。さらに「大銀魂展」の開催が決定。原画展示や声優陣による録り下ろし音声ガイドも聞ける!限定グッズも多種発売されるようだ。

銀魂の商品をもっと見る

おすすめ作品・A3!

『A3!(エースリー)』(Act Addict Actors!)は、「株式会社リベル・エンタテインメント」が提供しているスマートフォン(Android/iOS)対応、劇団員育成ソーシャルゲームである。東京郊外にある天鵞絨町には、劇団が多数点在している通りがあり、通称「ビロードウェイ」と呼ばれている。元舞台役者の主人公 立花いづみ(※名前変更可)は、失踪した父親宛に届いた一通の手紙を頼りに、ビロードウェイにある「MANKAIカンパニー」へ訪れた。そこは取り壊し寸前のボロ劇団。「借金1000万」、「お客ゼロ」、「劇団員はたった一名(と一羽)」の三拍子!成り行きでその劇団を立て直すことになったあなたは、半ば強引に劇団の「主催兼総監督」を任されてしまった。キャッチコピーは「カントク!オレたちを・・・咲かせてください!」。春組 【佐久間咲也(CV.酒井広大)、碓氷真澄(CV.白井悠介)、皆木綴(CV.西山宏太朗)、茅ヶ崎至(CV.浅沼晋太郎)、シトロン(CV.五十嵐雅)】、夏組【皇天馬(CV.江口拓也)、瑠璃川幸(CV.土岐隼一)、向坂椋(CV.山谷祥生)、斑鳩三角(CV.廣瀬大介)、三好一成(CV.小澤廉)】、秋組【摂津万里(CV.沢城千春)、兵頭十座(CV.武内駿輔)、七尾太一(CV.濱健人)、伏見臣(CV.熊谷健太郎)、古市左京(CV.帆世雄一)】、冬組【月岡紬(CV.田丸篤志)、高遠丞(CV.佐藤拓也)、御影密(CV.寺島惇太)、有栖川誉(CV.豊永利行)、雪白東(CV.柿原徹也)】、GOD座【飛鳥晴翔(CV.市来光弘)、神木坂レニ(CV.置鮎龍太郎)】、その他【松川伊助(CV.小西克幸)、鹿島雄三(CV.楠大典)、岩井鉄郎(CV.亀山雄慈)、迫田ケン(CV.野上翔)】主題歌の「MANKAI☆開花宣言」は作詞作曲に大石昌良、ユニットテーマ曲や旗揚げ公演曲には園田健太郎、北川勝利(ROUND TABLE)、yamazo、中山真斗、ヒゲドライバー、ゆよゆっぺ、やしきん、杉山勝彦、R・O・N、沖井礼二(TWEEDEES)、Elements Garden(織田あすか、末益涼太)、ミズノゲンキなど多くの知名人が参加している。

A3!の商品をもっと見る

おすすめ作品・TSUKIPRO THE ANIMATION

TSUKIPRO THE ANIMATIONの商品をもっと見る

おすすめ作品・干物妹!うまるちゃん

『干物妹!うまるちゃん』(ひもうと うまるちゃん)は、サンカクヘッドによる日本のギャグ漫画作品。東京都八王子市近郊を舞台に、外では才色兼備で完璧だが家ではグータラに過ごす女子高生「うまる」と、その兄「タイヘイ」の日常を綴ったギャグ漫画である。有名作品やサブカルなどのパロディが小ネタとして随所に散りばめられているのも特徴。『週刊ヤングジャンプ』2013年15号より連載が開始。また、『ミラクルジャンプ』N°15(2013年)には特別編読切が、『ジャンプスクエア』2015年9月号には出張版が掲載された(後述のスピンオフとは異なる)。2014年12月にアニメ化が発表され、2015年7月より9月まで放送された。声優は、土間 埋(声 - 田中あいみ)、土間 大平(声 - 野島健児/ 富田美憂(幼少期))、海老名 菜々(声 - 影山灯)、本場 切絵(声 - 白石晴香)、橘・シルフィンフォード(声 - 古川由利奈)が演じている。グッズには缶バッジ、クッション、アクキー、うまるが家でかぶってるアレなど多数発売している。公式サイトhttp://umaru-ani.me/index.html

干物妹!うまるちゃんの商品をもっと見る

おすすめ作品・アイドルマスターシンデレラガールズ

アイドルマスターシンデレラガールズの商品をもっと見る

おすすめ作品・鬼灯の冷徹

『鬼灯の冷徹』(ほおずきのれいてつ)は、江口夏実による日本の漫画作品。第57回ちばてつや賞一般部門佳作受賞作『非日常的な何気ない話』を元に、2010年に講談社の漫画雑誌『モーニング』にて『地獄の沙汰とあれやこれ』と改題して読み切りとして掲載され、2011年14号より『鬼灯の冷徹』に改題して連載中。2014年35号より「関連イベント等の激務が続き体調を崩し週刊連載が難しくなった」ため隔週に移行。同社刊の『なかよし』にて、柴もなかが作画を担当する、獄卒のシロを主人公とした『鬼灯の冷徹 シロの足跡』が2016年1月号から連載開始。主な舞台は日本の地獄で、そこの住人たちを中心に描いているが、それ以外にも神話・御伽噺・怪談などの登場人物が多数出演しており、日本に限らず海外の悪魔・妖怪なども登場する。冒頭の欄外には「※このマンガはフィクションですが、地獄はあるかもしれません。現世での行いには十分ご注意下さい。」と注意書きがある。また、欄外のお便り募集の告知には「地獄のポスト」のタイトルがついている。「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」では1位を受賞した。2014年1月から4月までテレビアニメが毎日放送制作『アニメイズム』B1枠にて放送された。詳細はテレビアニメを参照。声優は、鬼灯(声 - 安元洋貴)、閻魔大王/閻魔王(声 - 長嶝高士)、唐瓜(声 - 柿原徹也)、茄子(声 - 青山桐子)、奪衣婆(声 - 真山亜子)、シロ(声 - 小林由美子)、柿助(声 - 後藤ヒロキ)、ルリオ(声 - 松山鷹志)、夜叉一(声 - 津田健次郎)が演じている。缶バッジ、クリアファイル、タオルなどグッズも多数発売されている。アニメ公式サイトhttp://www.hozukino-reitetsu.com/1series/goods/

鬼灯の冷徹の商品をもっと見る

おすすめ作品・Fate(フェイト)

『Fate(フェイト)』とは、2004年にTYPE-MOONから発売された伝奇活劇ビジュアルノベルPCゲーム『Fate/stay night(フェイト・ステイナイト)』に端を発する同作品シリーズの総称である。どんな願いも叶えると言われる「聖杯」を巡り、魔術師たちが神話や歴史の英雄の霊「サーヴァント」を召喚し殺し合う争奪戦「聖杯戦争」がFateシリーズのコアストーリーとなっている。第1作のリリース以降、度重なるメディアミックスにより、現在ではゲームは元より様々なジャンルで多岐にわたるタイトルが展開されている。また、小説版においては、虚淵玄や成田良悟といったヒットメイカーが執筆を担当している作品もあり、そのような異なる才能同士の融合がFateワールドに更なる深みを与えているともいえる。

Fate(フェイト)の商品をもっと見る