• グッズ

  • フィギュア/プラモデル(プラモ)

  • コスプレ

  • カード

  • ゲーム

  • DVD/Blu-ray

  • CD

  • 撮影機材

  • スマホ/PC関係

  • ドール

  • チケット

  • オーダーメイド

  • レディースファッション

  • メンズファッション

  • コスメ

  • 日用品/雑貨

  • ベビー/キッズ

  • その他

【スタジオジブリ】「ゲド戦記」映画パンフレット・特集雑誌

カテゴリ

タグ

商品の状態

目立った傷や汚れなし

送料の表示

送料込み

配送方法

ゆうパケット

発送元の地域

埼玉

配送日の目安

4~7日で発送

商品説明

schedule3ヶ月前

値下げしました!

【2020年8月21日(金)21:00~日本テレビ系『金曜ロードショー』にて宮崎吾朗監督作品「コクリコ坂から」放映】
➀●映画「ゲド戦記.」パンフレット●
2006年7月29日公開。1時間55分。
命は自分だけのもの。あたしはテナーに生かされた。だから生きなきゃいけない。生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。
そうして命はずっと続いていくんだよ。

原作/アーシュラ・K・ル=グウィン「ゲド戦記」第3巻「さいはての島へ」
原案/宮崎駿『シュナの旅』
監督・脚本/宮崎吾朗 脚本/丹羽圭子
声の出演/岡田准一(V6)/菅原文太/手嶌葵/田中裕子/風吹ジュン/香川照之/小林薫/夏川結衣/倍賞美津子/内藤剛志
主題歌・挿入歌/手嶌葵
「この映画は見えない力に引っ張られるようにできていきました。」(監督・宮崎吾朗)
★(注)➀の表紙に値札をはがした跡があります。商品広告ページの左上余白に)20110515』のゴム印跡があります。いずれも読むのは支障ありませんが、ご了承くださる方のみ購入決定ください。★

②●特集雑誌「月刊モエ・MOE」2006年9月号●
2006年9月1日発行。定価770円。
巻頭大特集 総力40ページ「ゲド戦記」
2大インタビュー/ル=グウィン/岡田准一(V6)
「90年代に(宮崎)駿から(映画化希望の)連絡を受けたとき、私は彼のことを全く知りませんでした。ディズニーが大嫌いなこともあって、アニメへの先入観があったのね。ディズニー映画は倫理的に問題があると思うし、あの『カワイイ感』も肌に合わない。ところが、実際に駿の映画を見てみたところ、残酷かつ感傷的なディズニー映画の対極にあることが分かりました。駿の作品は、現実的でしかも美しい。」(原作者・ル=グウィン)
「ぼくはもともと学校の先生になりたかったので、何かを伝えたり教えること、何かを残すということをしていきたいと思っていたんです。つまり、ジブリ作品に参加できたということは、残せるものができたということなんですよ。」(岡田准一)
BOOK in BOOK 「高畑勲・宮崎駿 名作アニメーション集」
ゲド戦記シール(未使用)
★(注)②は表紙に折れがあります。読むのは支障ありませんが、ご了承くださる方のみ購入決定ください。★

ゆうパケットにて発送します。
[330]

カテゴリ

タグ

商品の状態

目立った傷や汚れなし

送料の表示

送料込み

配送方法

ゆうパケット

発送元の地域

埼玉

配送日の目安

4~7日で発送

出品者情報

出品者

出品者のアイコン

AOSHIMA

出品者

出品者のアイコン

AOSHIMA

商品名

商品説明

schedule3ヶ月前

値下げしました!

【2020年8月21日(金)21:00~日本テレビ系『金曜ロードショー』にて宮崎吾朗監督作品「コクリコ坂から」放映】
➀●映画「ゲド戦記.」パンフレット●
2006年7月29日公開。1時間55分。
命は自分だけのもの。あたしはテナーに生かされた。だから生きなきゃいけない。生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。
そうして命はずっと続いていくんだよ。

原作/アーシュラ・K・ル=グウィン「ゲド戦記」第3巻「さいはての島へ」
原案/宮崎駿『シュナの旅』
監督・脚本/宮崎吾朗 脚本/丹羽圭子
声の出演/岡田准一(V6)/菅原文太/手嶌葵/田中裕子/風吹ジュン/香川照之/小林薫/夏川結衣/倍賞美津子/内藤剛志
主題歌・挿入歌/手嶌葵
「この映画は見えない力に引っ張られるようにできていきました。」(監督・宮崎吾朗)
★(注)➀の表紙に値札をはがした跡があります。商品広告ページの左上余白に)20110515』のゴム印跡があります。いずれも読むのは支障ありませんが、ご了承くださる方のみ購入決定ください。★

②●特集雑誌「月刊モエ・MOE」2006年9月号●
2006年9月1日発行。定価770円。
巻頭大特集 総力40ページ「ゲド戦記」
2大インタビュー/ル=グウィン/岡田准一(V6)
「90年代に(宮崎)駿から(映画化希望の)連絡を受けたとき、私は彼のことを全く知りませんでした。ディズニーが大嫌いなこともあって、アニメへの先入観があったのね。ディズニー映画は倫理的に問題があると思うし、あの『カワイイ感』も肌に合わない。ところが、実際に駿の映画を見てみたところ、残酷かつ感傷的なディズニー映画の対極にあることが分かりました。駿の作品は、現実的でしかも美しい。」(原作者・ル=グウィン)
「ぼくはもともと学校の先生になりたかったので、何かを伝えたり教えること、何かを残すということをしていきたいと思っていたんです。つまり、ジブリ作品に参加できたということは、残せるものができたということなんですよ。」(岡田准一)
BOOK in BOOK 「高畑勲・宮崎駿 名作アニメーション集」
ゲド戦記シール(未使用)
★(注)②は表紙に折れがあります。読むのは支障ありませんが、ご了承くださる方のみ購入決定ください。★

ゆうパケットにて発送します。
[330]

出品者の他の商品